平成19年を終えて

平成19年が終わるにあたり、一年を振り返りました。

一番楽しかったのは、7月にやった槍穂高を結ぶルートの縦走です。
槍ヶ岳(3180m)から大喰岳(3101m)、中岳(3084m)、南岳(3033m)、北穂高岳(3106m)、涸沢岳(3110m)、奥穂高岳(3190m)と日本の三千メートル峰が続く雲上の道。
思い出しただけで、あのときの楽しさやら恐ろしさやら、なんともいえない高揚感がよみがえります。
大キレットはうわさどおりの難所でした。
人は普段、少しでも得な生き方をしたいと小さな選択を繰り返しています。
そして喜んだり悲しんだり・・・。
しかし、時として終わるときは一瞬なんだな。
そう思わせるほどの険しいルートでした。
北穂高山荘のテラスで飲んだビールは、あれは美味しかったなあ。

画像

OLYMPUS E-410+ZD14-42mm

悲しい、というほどのことはなかった一年ですが、くやしいことならありました。
できれば脳内から消し去りたいほどですが、消せないでしょうなあ。

来年は、ぜひ良い年にしたい。
そしてそれは受け身ではなく、自分からちゃんと動いて摑みたいものです。
みなさんにとっても、来る年が良い一年になりますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック