巻機山(1967m)

巻機山(まきはたやま・1967m)に登りました。
群馬県との県境近くにある新潟県の山です。

前日午後7時に、登山口の桜坂駐車場に到着。
すぐに眠りにつきましたが、夜半目が覚めました。
なぜか吐き気がします。
車のドアを開け、上半身を外に出してゲエゲエうなりました。
(なんだろう??)
こんなことは初めてです。
その後もめまいが治まらず、朝になってしまいました。

画像


こんな体調で山登りなんてやめたほうが良いのですが、ちょっとあきらめきれません。
歩いているうちに元気になるかもしれないし、少し様子を見ながら登ることにしました。
コースは、井戸尾根です。

つらいので引き返そう。また今度来ればいいや。
そう思いながらも登ってゆくと、5合目から残雪が現れました。
(おっ!)
モチベーションが上がりました。
こりゃ進むしかありません。

画像


そして6合目。
いっきに視界がひらけました。
中央のピークは、形のよい割引山(1961m)です。
手前には、天狗岩が見えます。

画像


雪原の登りが続きます。
きついけれど、楽しいなあ。

画像


前巻機(1861m)を過ぎました。
ここで初めて巻機山が見渡せます。
標識には「ニセ巻機」とありました。
ふもとからは、このピークの奥にある巻機山は見えないので、この「ニセ巻機」がその代わりなのでしょう。
困ったのは、もう一つの標識でした。
「9合目」とありました。
(ということは、もう少しで山頂だな)
しかし実際はここから1時間を歩き、ようやく山頂だったのです。
これにはだまされました。
(巻機山山頂の9割の標高ではあります。そういう意味なのでしょうか?)

避難小屋は雪がおおっていて、努力しないと入れないようです。
画像


最後の雪の斜面を登り御機屋という尾根に着きました。
だいたいこの辺が山頂です。
どこにも標識らしき目印がなく(雪に埋もれているのかもしれませんが)、んー?といった感じです。
他の登山客が自前の標識を出していたので、それを借りて記念写真を撮りました。

画像


ちょっと行くと、牛ガ岳(1962m)のたおやかな山容が見えます。
あそこまで行くのは・・・、やめときましょう。

画像


下りでは、雨カッパを尻に敷いて滑りおりました。
ちょっとした雪遊び、これは楽しい!

画像

ここまで、PowerShot G7

朝5時半に出発して、午後1時半に下山しました。
だいたいコースタイムどおりでした。
思った以上に残雪があり、そして美しい景色。
とても良い山でした。

それにしても、疲れた。
体調不良でろくに眠れていないし、もうふらふらです。
駐車場で仮眠をとり、帰路につきました。

画像

E-410+ZD14-42mm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック