四国遍路(9/1 2日目)

2日目の地図。

夜になってもいっこうに気温が低下せず、橋の下のテント泊は難儀しました。
テント内はどうしようもなく蒸すのです。
疲れていれば暑くても眠れるだろうと考えていましたが、実際はそんなに甘くなかった。
睡眠不足のまま、あえなく起床です。
画像


テントを片付けているさいちゅうに、土手の上を若い歩き遍路が通りすぎました。
遠かったので、お互い会釈のみです。
さあ、私も出発です。
夏でなかったら、なかなか良いロケーションでした。
ありがとうございました。

国分寺には午前8時ごろに到着しました。
山門の前に、さっきとは別の歩き遍路が二人、出発の準備中です。
「おはようございます」
ここも軽く挨拶のみ。
たいした会話もせずに、でも同じ歩き遍路同士なので心が通じ合います。
国分寺を終え、さっきの山門から外に出ると、今度はまたまた別の若い遍路が自転車を停めているところでした。
「やあ、自転車ですか」
「ええ、(あなたは)歩きですか、大変でしょう?」
簡単な情報交換をし、彼ともここだけの一期一会。
みなさんには、二度と会うことはありません。
画像


国分寺から五色台という山へと向かいますが、その前にお金をおろすことにしました。
財布には、もう五百円もありません。
五色台には2つの札所があり、納経代に六百円がかかってしまうのです。
でも、持っているのは関東の地方銀行カードのみ。
国分駅前の簡易郵便局のATMではおろせませんでした。
郵便局の方が、近くのコンビニを紹介してくれます。
そこにむかって歩いていると、他の地元の方が声をかけてくれました。
「あー、そのコンビニまではけっこう(距離が)あるぞ」
別のコンビニを教えてくれました。
1キロほど歩き、コンビニ到着。
しかし、ATMが設置されていません。
店員さんから、もっとも近い銀行を聞き出しました。
また1キロほど歩き、やっとお金がおろせました。
炎天下の中、往復4キロ以上かかりました。
教訓、ちょっと多めに現金を所持しておく。
それともう一つ、田舎の方は移動手段が自動車なので、「すぐ近くですよ」は当てになりません。

五色台への登りは、いわゆる「遍路ころがし」です。
今までの難所と比較して、それほど大変なルートというわけではありませんが、暑さに参りました。
(だめだ。これ以上歩いたら倒れてしまうよ)
山道の途中で寝転んで休みます。
その先の休憩所でも、上半身裸になって仮眠をとりました。
画像


画像


画像


画像


午後2時ごろ、第81番綾松山白峰寺に到着。
白峰寺から82番へゆく途中にある「かんぽの湯坂出」でかき氷です。
こんな僻地にかんぽの湯があって、助かりました。
まさに、地獄に仏でした。
画像


画像


さっきの休憩所まで戻りました。
ここは屋根と床があり、風が通ってすこぶる快適です。
近くには弘法大師の像があるので、悪い気から守ってもらえそうです。
眺めも良し。
別荘にしたいくらい、気に入りました。
テントを張っていると、すぐ横を野生のイノシシが横切りました。
(あれ、人間がいる)
立ち止まって数秒ほどこちらを見ましたが、興味がないのか通り過ぎてゆきました。
山奥なんだなあ。
画像


日が暮れると、涼しくて静かです。
寝不足だったこともあって、すぐに就寝しました。
(2日目 おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック