熊野古道小辺路2日目_6

奥の院入り口から弘法大師御廟まで、なんと2キロもあります。
その間には有名人の墓標などが無数にあって、飽きることがありません。
画像


司馬遼太郎の文学碑もあります。
画像


夕刻、御廟に到着しました。
ここで最後のお礼参りです。
閉所時刻と重なったため、10人ほどの僧侶の読経が深い森の中に響きます。
なんとも気持ちの良い時間でした。
撮影は禁止なので、残念ながら写真はありません。

奥の院を出て、高野山の町を半分ほど戻ります。
途中、おもしろそうな店がありました。
こういう俗っぽさも高野山らしいですね。
画像


金剛峯寺近くから小学校の横を通り(少し記憶が曖昧ですが)、小辺路に入りました。
ずっと「熊野古道小辺路」というタイトルですが、熊野古道はここからがやっと始まりです。

そうこうしているうちに、日が暮れます。
ろくろ峠でなんとか平たい場所を見つけました。
今晩はここで休むことにしましょう。
画像

2日目おわり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年06月20日 11:25
ファティマ第三の預言とノアの大洪水について
ブログを見てもらえるとうれしいです。
h ttp://ameblo.jp/haru144


第二次大戦前にヨーロッパでオーロラが見られたように、
アメリカでオーロラが見られました。
ダニエル書を合算し、
未来に起こることを書き記しました。
エルサレムを基準にしています。


2018年 5月14日(月) 新世界
2018年 3月30日(金) ノアの大洪水

この期間に第三次世界大戦が起きています。

2014年 9月17日(水) 荒らすべき憎むべきものが
聖なる場所に立って神だと宣言する

2014年 9月10日(水) メシア断たれる

この期間に世界恐慌が起きています。

2013年 7月3日(水)メシヤなるひとりの君(天皇陛下)
御国の福音が宣べ伝えられる

2013年 5月15日(水) エルサレムを建て直せという命令が・・


天におられるわれらの父とキリスト、
死者復活と永遠のいのちを確信させるものです。

全てあらかじめ記されているものです。
これを、福音を信じる全ての方、
救いを待ち望む全ての方に述べ伝えてください。

この記事へのトラックバック