熊野古道小辺路2日目_6

奥の院入り口から弘法大師御廟まで、なんと2キロもあります。
その間には有名人の墓標などが無数にあって、飽きることがありません。
画像


司馬遼太郎の文学碑もあります。
画像


夕刻、御廟に到着しました。
ここで最後のお礼参りです。
閉所時刻と重なったため、10人ほどの僧侶の読経が深い森の中に響きます。
なんとも気持ちの良い時間でした。
撮影は禁止なので、残念ながら写真はありません。

奥の院を出て、高野山の町を半分ほど戻ります。
途中、おもしろそうな店がありました。
こういう俗っぽさも高野山らしいですね。
画像


金剛峯寺近くから小学校の横を通り(少し記憶が曖昧ですが)、小辺路に入りました。
ずっと「熊野古道小辺路」というタイトルですが、熊野古道はここからがやっと始まりです。

そうこうしているうちに、日が暮れます。
ろくろ峠でなんとか平たい場所を見つけました。
今晩はここで休むことにしましょう。
画像

2日目おわり。

"熊野古道小辺路2日目_6" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント