大平山その3

参道の隣に、朽ちた古い橋があります。
昔はこっちが参道だったのでしょう。
画像


私の出身の長崎ではアジサイといえば西洋アジサイのことで、こういう額アジサイは見たことがありませんでした。
綺麗な花ですね。気に入っています。
画像


本格的な階段がはじまった。
画像


画像

つづく。

大平山その2

あじさい坂入り口の六角堂です。
かっこいい建物です。
画像


緩い坂が始まりました。
画像


画像


窟神社の入り口です。
この先には水が溜まった洞穴があり、弁財天が祀られていました。
パワースポットです。
画像

つづく。

大平山その1

栃木県の大平山へ行ってみました。
駐車場から紫陽花が沢山です。
画像


あじさい坂の入り口です。
わかりやすい!
画像


入り口から、きれいな紫陽花が迎えてくれます。
画像


画像


しばらく続きます。

上野から池袋まで歩く

上野で昼食のカレーを食べたあと、友人と池袋まで歩きました。

不忍池弁財天。
画像


池之端の井戸。
飲めないのかあ。
画像


東大の端にある建物。
何か研究している感じですなあ。
画像


画像


画像


小さな神社のアジサイ。
画像


画像


これは初見泣かせですな。
要は、こちらから入れないということですが。
画像


画像


画像


商店街の入り口にあるお地蔵さん。
画像


神田川沿いの歩道。
この先、行き止まりでした。
画像


雑司が谷の鬼子母神堂。
ほぼ、池袋に到着しました。
画像


歩いたおかげで、夜のビールが旨かった!
おわり。

高鈴山(623m)

6月17日、日立市の高鈴山(623m)に登りました。



前回の神峰山に続き、日立市の山に登りました。
日立駅前の駐車場に車を停め、出発です。
まず、日立総合病院の横を登ります。
6月中旬ですが、日差しが強く、汗が出ます。
画像


住宅地の中に、殉難の碑がありました。
戦時中、艦砲射撃にやられたのだとか。
画像


小さいながら、よく清掃された神社です。
画像


石灰石を運ぶ鉄索の下をくぐります。
画像


画像


木漏れ日の中をゆっくり登ります。
気持ちいいなあ。
画像


画像


百体観音。
かなりの山奥なのですが、ここも綺麗に清掃されています。
画像


出発から3時間半ほどで、高鈴山山頂(623.3m)に到着しました。
ここでカップ麺を食べましょう。
画像


画像


山頂には巨大な建造物がありました。
雨量観測塔です。
ここまで車で登って来られるんですね。
ちょっと興ざめだけど、途中のハイキング道はとても快適でした。
画像


1時間ほどで向陽台まで下り、バスで日立駅まで帰りました。。
日立市の湯楽の里で足腰の疲れを落とし、自宅までの帰路につきました。
おわり。

神峰山(587.1m)

去る5月16日、日立の神峰山(587.1m)に登りました。



午前11時半、かみね公園に到着。
北駐車場に車を停め、車道を登りはじめます。
身体を動かすのは久しぶりで、少しの斜面でも息が切れます。

公園の上のほうにある大煙突のレリーフです。
この上にある日立鉱山の大煙突は、当時世界一の高さ(155.7m)だったのだとか。
画像


登山口に到着しました。
さあ、歩くぞ!
画像


画像


すぐに鞍掛山(248m)山頂でした。
ちょっと休みたいけれど、数匹の熊蜂?が飛んでいたので、早々に退散します。
画像


なだらかな山道が続きます。
あー楽ちんだ。
画像


大煙突が見える展望所に来ました。
平成5年に、上部2/3が倒壊してしまったのだそうです。
今も象徴的な風景ですが、倒壊前はすごかったんだろうなあ。
画像


画像


14時半、羽黒山頂へ到着。
画像


画像


15時半、神峰山頂に着きました。
曇っていますが、日立の町や太平洋がよく見えます。
低山でも素晴らしい眺めです。居心地が良いです。
画像


画像


30分ほどで、日鉱記念館側の登山口まで下りてきました。
バスの時刻が合わなければ、最悪かみね公園まで歩こうと決めていましたが、なんと10分後にバスが来ます。
ついてるなあ!
画像


17時ごろ、かみね公園の駐車場へ戻りました。
ほどよい軽登山で、気持ちよかった。
この山域にはまた来ようと思います。