テーマ:首都圏自然歩道

勝浦ビックひなまつり

2/20の千葉県の首都圏自然歩道歩きの途中、ひな祭り人形を集めた地元のイベントが催されていたので、寄ってみました。 場所は、行川アイランド駅近くの小学校です。 首都圏自然歩道のブログは遅れがちなのですが、季節柄このひな人形だけを先にアップすることにします。 竹取物語のようなひな人形。 こりゃー、かわいいのう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道003(その4)

石射太郎山、とは面白い名前です。 山頂の看板は、以下の説明文がありました。 ~ 昔むかし、台田久保という巨人が高宕山北方の高いたかい山の上にある大きな石に向かって、鹿野山から強引に矢を射った。すると石は、はるか南方半里(約2000m)もある谷間まで射飛ばされた。 その時、台田久保は鹿野山で「石射たろう」といった。その時の言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道003(その3)

ずっと、このような道が続きます。 自然歩道の割には休憩所などなく、コンビニで買ったいなり寿司弁当も食う場所がありません。 お腹が減って、ふらふらしてきました。 なかば惰性で進んでゆきます。 芹の集落からは山道です。 テンションが上がってきました。 山道にしばらく入るとベンチがあったので、やっと遅い昼食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道003(その2)

神野寺から1kmほどで白鳥神社です。 この神社には、境内にゴルフ場のカート道が通っていました。 ゴルフコースの中に神社があるみたいです。 神社の反対側には展望公園があり、九十九谷が一望できます。 しかし、もやっていて、あまり良い景色ではありませんでした。 ここは期待していただけに、残念。 白鳥神社をあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道003(その1)

首都圏自然歩道を歩く。 その3回目です。 前回はマザー牧場で終わったので、今回は鹿野山神野寺からマザー牧場を経て、植畑上郷のバス停までを歩きます。 君津駅に車を停め、JR内房線で佐貫町駅に着きました。 ここから、鹿野山行きの路線バスが出ています。 乗客はけっこう多かったです。 私以外は全て途中のマザー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道002

前回に続き、首都圏自然歩道の第二弾です。 1月14日、晴れ。 今回は、JR内房線浜金谷駅からマザー牧場までを歩きます。 前回と同じく、「道の駅きょなん」で車中泊し、朝8時に出発。 保田駅まで約2km歩き、そこから電車で浜金谷駅に着きました。 ここからは、国道127号線を北上します。 この海岸線の道路は、「房総なぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道001(その4)

せっかくだから、日本寺に寄ってみました。 首都圏自然歩道のルートからは、少し外れます。 境内には、巨大な観音様や大仏様がいらっしゃいます。 とにかく、でかい! 鋸山を下り、今日のゴールに着きました。 浜金谷駅です。 駅の歩道橋から、鋸山を見ます。 こうして見ると、のこぎりですねえ。 ああ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道001(その3)

鋸山の展望台から少し下ると、石切場跡があります。 良質な房総石がとれるらしく、江戸時代から採石が行われていたそうです。 急に現れた異様な風景におどろきました。 跡地は観光地になっていますが、私がおとずれたときは誰もいませんでした。 「地獄のぞき」にも登ってみました。 柵がないと、崖の近くにはとても近づけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道001(その2)

保田駅から線路沿いを少し歩き、住宅街を右に折れます。 1月3日の空は、青いなあ。 舗装道路の坂道を1時間ほど登り、林道(登山道)を30分ほど登りきると、鋸山山頂に到着です。 まあ、低い山です。 千葉県には高い山はありません。 山頂から400メートル進むと、展望台に出ます。 こりゃ、なかなかの眺めです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道001(その1)

新年を迎え、ひとつ始めようと思います。 「首都圏自然歩道(関東ふれあいの道)」の踏破です。 全長1665km。 第一回目は、千葉県富津市の「東京湾を望むみち」です。 前夜に、道の駅きょなんに到着。 車中泊して、午前8時15分に出発。 約2km歩き、首都圏自然歩道の起点であるJR内房線保田駅に到着です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more