テーマ:E-30

湯西川温泉(5)

三十三世音観音堂で一休みして、公民館まで戻ります。 同じ道でも、往きと還りでは景色がちがいますね。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯西川温泉(4)

「平の高房」という温泉まで上がってきました。 ああ、山奥なんだな。という景色です。 昔、平家の落人が隠れ住んだのも、なっとくです。 北側の斜面は、すでに一部枯れはじめています。 三十三世音観音堂の朽ちた石仏たち。 南側斜面。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯西川温泉(3)

小さな神社の裏手に、林の公園がありました。 ほとんどまっ赤な公園です。 公園の奥には歩行者用の吊り橋があります。 そこからの景色です。 ちょっと休憩。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯西川温泉(2)

湯西川温泉の公民館の駐車場に車を停めました。 ここに停めて良いのかな。 昨晩の道の駅で仕入れた地図では、ちゃんと「P」のマークがありますし・・・。 空いているから、いいかあ。 E-30をたすき掛けにかけ、温泉郷を散策です。 山があんな色になるんですね。 こういう小さなお社が好きです。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯西川温泉(1)

古峯神社から60キロ走り、道の駅「湯西川温泉」で車中泊しました。 温泉に入り、階下の食堂で唐揚げとビールです。 山奥の道の駅で、あーうまい! 静かな夜でした。 翌日は朝8時に出発して、山奥の湯西川温泉へ向かいます。 車道から見える山肌の色が、すごいことになってました。 走っては止めて写真撮影の繰り返しです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古峯神社(その3)

もみじとこまいぬ。 純粋な願い。 古峯神社は、こんな感じでした。 おわり。でも、もみじ狩りの写真はまだまだつづきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古峯神社(その1)

県道58号の上り、古峯神社に到着しました。 もう夕暮れです。 少し肌寒いなあ。 規模が大きくて、塵一つない綺麗な神社です。 茅葺き屋根のお社がすてきですね。 つづく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大芦渓谷(その2)

県道227号の一本西側にある道路を上ってゆきます。 このまま進むと、日光宇都宮道路の清滝IC付近に出ることになります。 車の通りがほとんどないので、良い景色を見つけては車を止め、ゆっくりと風景を楽しみました。 たまには愛車も撮らないとね。 この辺で標高900mくらいです。 よくこんなところまで車道を作っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大芦渓谷(その1)

11月7日、栃木県鹿沼市の大芦渓谷に行ってみました。 目的はもちろん、紅葉狩りです。 Yahooの紅葉ガイドから、良さそうな場所をチョイスしただけのこと。 結果は、まあまあでした。 まず、どこからどこまでが大芦渓谷なのか、それがよくわかりません。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑波神郡

去る文化の日、筑波山麓の神郡(かんごおり)をぶらぶらと歩きました。 いつも閉まっている倉庫の扉が開いています。 「田井ミュージアム」。 ちょっと入って、美術鑑賞です。 ミュージアムの隣の倉庫では、ミニコンサートが行われていました。 私は、二組の演奏を鑑賞しました。 あ、ねこだ。 普門寺に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

峰寺山西光院など

休日、ちょっと時間があったので、筑波山周辺の山麓にある峰寺山西光院に行ってみました。 峰寺山西光院は、「東の清水寺」と云われています。 縁側からの風景はちょっとしたものです。 縁側でもたくさん写真を撮ったのですが、ふと壁をみると、「撮影禁止」の張り紙がありました。 だから、ここには載せないでおきましょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥さん

部屋から見える電線に、たくさんの鳥がとまっている!! E-30+ZD14-54mm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨引観音(6)

さて、そろそろ帰ろう。 長い石段を下ります。 こういう薄暗い小径が好き。 雨引観音おわり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨引観音(5)

雨引観音って、石垣がお城みたいに立派です。 紫陽花は今年も隆盛です。 でもあそこ、蚊が多いんだよなあ。 がんばって撮らないと。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨引観音(4)

ベンチで休んでたら、トイレの建家からクジャクが出てきました。 ちょっとびっくり!? つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨引観音(2)

古い参道を上ります。 上の方にも駐車場がありますが、時間があるなら下の駐車場から歩いたほうが楽しいです。 雨引観音の境内に着きました。 つづく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨引観音(1)

これもだいぶ前の写真。 あじさいのきれいなころに、雨引観音をぶらぶらしました。 こういう階段が好き。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島神宮 奉納古武道演武大会その10

御手洗池(みたらしのいけ)です。 ”みたらし団子”は、この池の名から来ているとかなんとか...。 御手洗池の横の広場で、鹿島地方の昔話の語り部をやっていました。 6話くらいの昔話で、なかなか楽しめました。 鹿島神宮ではほかに、小笠原流奉納百々手式というのが行われていました。 おわり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島神宮 奉納古武道演武大会その9

奥宮です。 山門から300メートルほど奥の林の中にあります。 林の湿気がほどよくしっとりしていて、雰囲気が良いです。 この奥には、要石という巨大な石が埋まっていて、地中の大ナマズの頭を抑えているそうです。 このため、鹿島地方には大きな地震がないのだとか。 この中に要石があります。 はたして、どんな石なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島神宮 奉納古武道演武大会その7

立身流。 木刀と薙刀の戦いです。 木刀が勝つ演武でした。 アナウンスでは、 「長い方が絶対に優位です」 と云っていました。 天真正伝香取神道流。 古武道最古の道場を守っておられるそうです。 最後に、鹿島新富流の2回目です。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛久市観光アヤメ園

そういや、今年はまだ花菖蒲を見ていないなあ。 というわけで、雨が降る前に、牛久市の観光アヤメ園に行ってみました。 小規模な施設です。 思ったより、きれいでした。 牛久といえば、河童ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島神宮 奉納古武道演武大会その3

鹿島神流のつづきです。 (このペースではかなり回数がかさみますが、まあのんびりアップしてゆきます) 真剣なんですか?すごいなあ。 この投げは、漫画で見たことがあります。 甲冑を付けているのが面白いです。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more