テーマ:XZ-1

上河内岳(2803m)その7

翌日、テントを撤収して下山開始です。 せきやのあきちょうじ(関屋の秋丁字) ステップの間が広く、下りにくい階段です。 この吊り橋がなかったら、そうとう遠回りしないといけないんじゃないかな。 感謝です。 大きなアオダイショウです。 2m近くあります。 やっと大吊り橋まで下りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上河内岳(2803m)その6

茶臼岳から光岳(2591m)方向。 一度下り、また登りなおします。 正面に上河内岳。 ああ、これはりっぱな山容です。 奇岩竹内門という場所です。 11時、上河内岳山頂。 正面が聖岳。 右奥に見えるのが、赤石岳です。 誰もいないので、山頂でのんびりしました。 山頂からの富士山。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上河内岳(2803m)その5

翌日、晴れました! 一番右に私のテントが写っています。 朝ご飯を食べ、テントをたたんで出発です。 おー、晴れたなあ。 まずは茶臼岳(2604m)に登ります。 比較的なだらかで、登りやすいです。 山母子(やまははこ) 山頂が見えてきました。 8時20分、茶臼岳山頂です。 朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上河内岳(2803m)その4

横窪沢小屋から上は、面白い標識が続きます。 14時50分、水呑場。 水はほとんど涸れていました。 ここをあてにするな、と地図にも書いてあります。 15時30分、樺段。 ここまで来ると、ようやく道は緩やかになります。 16時30分、ようやく茶臼小屋に到着しました。 コースタイムより、ずっと時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上河内岳(2803m)その3

またまた吊り橋を渡ります。 少し、紅葉が始まってますね。 12時、横窪峠着。 遭難の碑がありますが、文字が判読できませんでした。 沢に降りると、横窪沢小屋到着です。 森の中にあって開放感があり、気持ちの良いところです。 小屋の営業は終了していました。 建屋の一角が冬期の避難小屋として解放され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上河内岳(2803m)その2

高度感のある畑薙大吊橋をなんとか渡りました。 長いままのストックを手に持っていたので、途中で写真を撮る余裕がありませんでした。 吊り橋から坂を登り切り、7時40分にヤレヤレ峠へ到着。 ここで、2人の青年に追い抜かれました。 ヤレヤレ峠から今度は下りです。 せっかく登った分が帳消しになります(笑) 下りきってからしばら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上河内岳(2803m)その1

南アルプスの上河内岳(2803m)に登りました。 地図はこちら。 前日のうちに静岡県側の畑薙第一ダム少し上のゲートに到着。 ここから先、一般車両は通行できません。 車中泊は蚊が多くてまいりました。 翌朝6時30分、出発。 ゲート前の「南アルプス登山指導センター」に登山届けを投函しました。 40分ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松陰神社(1)

過去の備忘録になっちゃいますが、7月1日に世田谷区の松陰神社に行きました。 東急世田谷線の松陰神社前駅で下車します。 アクセスがわかりやすいですね。 松陰神社通り商店街を通ります。 3~4分で、神社前に到着しました。 一個人を祭る神社なので、もっともっとこぢんまりとしたものだと思っていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御坂黒岳(1792.7m)その4

日が暮れました。 テントから出ると、完全に霧の中です。 周りはまっ白。 そのうち、雪が降ってきました。 もちろん、夜景は見えませんでした。 しかたなし。 テントで夕食を食べ、早々と就寝しました。 夜半、気温はどんどんと下がります。 スマートフォンの温度計を見ると、なんとマイナス11度!! なかなか身体が温まらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御坂黒岳(1792.7m)その3

大石峠から稜線を東に向かいます。 強風を心配しましたが、穏やかな天気で歩きやすかったです。 稜線なので、いくつものピークを上り下りします。 11時30分、不逢山(あわずさん)。 (意味ありげな名前だなあ) 木々の間から富士山が望める楽しいコースです。 途中、ラーメンを食べました。 13時15分、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御坂黒岳(1792.7m)その2

地図はこちら。 大石公園から、これから登る御坂山塊を望みます。 途中、浅間神社で手を合わせます。 無事に登山できますように。 前回は右の県道719号を行きましたが、今回は左の旧道を登ります。 大石峠の標識があります。 昔から掛かっているんでしょうね。 旧道から県道719号を見ます。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞浜にて

舞浜アンフィシアターで開催された、宇宙戦艦ヤマト2199の吹奏楽コンサートに行ってきました。 コンサートはとても良かったです! 感想はちょっと文章では書ききれないので、割愛します。 舞浜アンフィシアターって、東京ディズニーリゾートの施設なんですね。 しかも、今年の9月にオープンしたばかりだなんて、どうりで綺麗だったわけです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走3日目(おまけ)

さて、山形県側の飯豊山荘から登って、福島側の川入に下りました。 飯豊山荘近くの天狗平ロッジに停めたマイカーを取りに行かないといけません。 あらかじめ置いておいた自転車で、喜多方市の市街まで下ります。 大きなザックは川入に残しておきます。 地図はこちら。 この道は、川入の登山口で行き止まりなので、昼間は車の通りが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走3日目(1)

三日目は5時半に出発。 この時刻で、切合小屋で最後に出る登山客となりました。 地図はこちら。 小屋の裏のテント場です。 良いロケーションですなあ。 ヒメサユリ。 この花の色には、癒やされました。 滝雲が出ています。 センジュガンピ。 険しい上り下りが続きます。 これが足腰にこた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走2日目(3)

コムラサキの仲間でしょう。 そして、頂上が見えてきました。 12時30分。 やった! 飯豊本山の山頂です。 少し下ります。 本山の少し下にある本山小屋です。 奥が飯豊山神社奥宮です。 もう少し歩きます。 タカネマツムシソウ。 この後、切合小屋に到着。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走2日目(2)

シナノキンバイ。 やっと、飯豊本山(写真左)が見えてきました。 稜線に御西小屋も見えます。 御手洗ノ池。 ハクサンフウロ。 ハクサンコザクラ。 10時30分、御西小屋に着きました。 歩いてきた方向を振り返ります。 ミヤマキンポウゲの群生が見事です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走2日目(1)

小屋は15人ほど。 2階は5人で広々、快眠できました。 朝6時に出発。 地図はこちら。 残雪の上を歩く場面が増えてきました。 たいしたことはないけれど、ちょっと歩きにくい。 ミヤマキンポウゲ。 朝日の中を歩きます。 今日は緩やかな登山道が続きます。 ミヤマウスユキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走1日目(3)

ハクサンフウロ。 ケルンがあります。 濃霧で登山道が不明瞭なときに、すごく助かります。 ヒメサユリ。 とても上品な色です。 チングルマかな。 詳しいことはわかりません。 小さな池塘もあります。 ゴゼンタチバナ。 ヘリコプターが飛んでいます。 飛行(救難)訓練だと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走1日目(2)

雪渓が出てきました。 森林限界を越えたようです。 飯豊連峰の主脈が見えてきました。 前を歩く登山者が見えます。 こりゃ、別天地です。うひょー! 梶川峰に到着。 6時間かかりました。 あー辛かった。 写真のザックは、反対側から来た登山者のものです。 ニッコウキスゲ。 一番左が烏帽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走1日目(1)

7月19日~21日の3日間で、飯豊連峰の主脈を縦走しました。 1日目の地図はこちら。 前日の夕方、山形県側の登山口である飯豊山荘に到着。 ここで車中泊の予定でしたが、天狗平ロッジの管理人さんによると、今晩は宿泊客はいないとのこと。 一泊1500円だったので、このロッジに泊まることにしました。 八畳の個室を独り占めです。快適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾徳山(2031m)3

山頂直下の鎖場、難所です。 人が登っているのを見ると、けっこう怖い。 山頂に着きました! 時刻は15時、この時間だと誰もいません。 待っていると、雲が晴れて遠方が見えてきました。 さあ、下ろう。 麓の徳和に着いたのは、19時でした。 非常に疲れたけど、山はやっぱりいいねえ。 X…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾徳山(2031m)2

扇平を過ぎると、いよいよ岩場です。 髭剃岩です。 この名前は、形からでしょうか。 微妙に貧弱そうな梯子です。 高度感があります。 やっと、山頂が見えてきました。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾徳山(2031m)1

去る6月18日に、乾徳山(2031m)に登りました。 地図はこちら。 この山は、今回3回目です。 前回の分が昔のブログに残っていました。 今回は職場の同僚2人と登りました。 乾徳神社の横を通ります。 あ、鹿だ。 樹林帯を2時間登ります。 この間、全く写真を撮っていませんでした。 木々が少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道011(その3)

東浪見駅から少し歩くと、東浪見寺です。 薄暗い境内が古刹を感じさせます。 明治維新の廃仏毀釈で資料が破棄されていて、詳しい創建の時期などはわからないのだとか。 自然歩道なので、こういう道も多いです。 あ、やぎだ。 睦沢町の運動公園近くまで歩きました。 ここから巡回バスに乗るはずでしたが、土日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道011(その2)

海岸近くを歩きます。 千葉県では、今日のコースが最後の海です。 いろいろな風景を楽しませてもらいました。 麻雀博物館研究所。 ルール知らないなあ。 東浪見駅まで、1キロです。 東浪見駅に到着しました。 まだ12時半なので、もう少し歩きます。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏自然歩道011(その1)

昨日も、関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)を歩きました。 だから早く追いつかねば。 このブログは、2011年6月12日の記録です。 地図はこちら。 (いくら探してもGPSのトラッキングデータがありません。知らないうちに消去してしまったようです。しかたないので、今回は手作業で作成しました) 朝7時半、長者町駅からスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通勤路にて

いつもは自転車ですが、久しぶりに徒歩で通勤しました。 意外と、桜の花が残っていました。 XZ-1
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御坂黒岳(1792.7m)その3

夜が明けました。 今日もガスっていて、何も見えませんね。 しかたなし、最短コースを下ります。 3時間かけて、舗装道路に出ました。 11時半、大石公園に戻りました。 御坂山地を振り返ります。 あいにくの天候でしたが、そのせいで誰もいない静かな山行を楽しめました。 また来るからなー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more