テーマ:登山

飯豊連峰縦走3日目(2)

樹林帯まで下りました。 峰秀水という水場です。 この水は、今まで飲んだ中でもダントツにうまかった! 横峰小屋の跡でラーメンを食べました。 すると、後ろの方でがさごそと音がします。 アカネズミでした。 長坂という長い坂を2時間下り、川入の登山道入り口に到着。 時間は正午です。 あー着いた着いた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走3日目(1)

三日目は5時半に出発。 この時刻で、切合小屋で最後に出る登山客となりました。 地図はこちら。 小屋の裏のテント場です。 良いロケーションですなあ。 ヒメサユリ。 この花の色には、癒やされました。 滝雲が出ています。 センジュガンピ。 険しい上り下りが続きます。 これが足腰にこた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走2日目(3)

コムラサキの仲間でしょう。 そして、頂上が見えてきました。 12時30分。 やった! 飯豊本山の山頂です。 少し下ります。 本山の少し下にある本山小屋です。 奥が飯豊山神社奥宮です。 もう少し歩きます。 タカネマツムシソウ。 この後、切合小屋に到着。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走2日目(2)

シナノキンバイ。 やっと、飯豊本山(写真左)が見えてきました。 稜線に御西小屋も見えます。 御手洗ノ池。 ハクサンフウロ。 ハクサンコザクラ。 10時30分、御西小屋に着きました。 歩いてきた方向を振り返ります。 ミヤマキンポウゲの群生が見事です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走2日目(1)

小屋は15人ほど。 2階は5人で広々、快眠できました。 朝6時に出発。 地図はこちら。 残雪の上を歩く場面が増えてきました。 たいしたことはないけれど、ちょっと歩きにくい。 ミヤマキンポウゲ。 朝日の中を歩きます。 今日は緩やかな登山道が続きます。 ミヤマウスユキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走1日目(3)

ハクサンフウロ。 ケルンがあります。 濃霧で登山道が不明瞭なときに、すごく助かります。 ヒメサユリ。 とても上品な色です。 チングルマかな。 詳しいことはわかりません。 小さな池塘もあります。 ゴゼンタチバナ。 ヘリコプターが飛んでいます。 飛行(救難)訓練だと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走1日目(2)

雪渓が出てきました。 森林限界を越えたようです。 飯豊連峰の主脈が見えてきました。 前を歩く登山者が見えます。 こりゃ、別天地です。うひょー! 梶川峰に到着。 6時間かかりました。 あー辛かった。 写真のザックは、反対側から来た登山者のものです。 ニッコウキスゲ。 一番左が烏帽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊連峰縦走1日目(1)

7月19日~21日の3日間で、飯豊連峰の主脈を縦走しました。 1日目の地図はこちら。 前日の夕方、山形県側の登山口である飯豊山荘に到着。 ここで車中泊の予定でしたが、天狗平ロッジの管理人さんによると、今晩は宿泊客はいないとのこと。 一泊1500円だったので、このロッジに泊まることにしました。 八畳の個室を独り占めです。快適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾徳山(2031m)3

山頂直下の鎖場、難所です。 人が登っているのを見ると、けっこう怖い。 山頂に着きました! 時刻は15時、この時間だと誰もいません。 待っていると、雲が晴れて遠方が見えてきました。 さあ、下ろう。 麓の徳和に着いたのは、19時でした。 非常に疲れたけど、山はやっぱりいいねえ。 X…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾徳山(2031m)2

扇平を過ぎると、いよいよ岩場です。 髭剃岩です。 この名前は、形からでしょうか。 微妙に貧弱そうな梯子です。 高度感があります。 やっと、山頂が見えてきました。 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾徳山(2031m)1

去る6月18日に、乾徳山(2031m)に登りました。 地図はこちら。 この山は、今回3回目です。 前回の分が昔のブログに残っていました。 今回は職場の同僚2人と登りました。 乾徳神社の横を通ります。 あ、鹿だ。 樹林帯を2時間登ります。 この間、全く写真を撮っていませんでした。 木々が少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御坂黒岳(1792.7m)その3

夜が明けました。 今日もガスっていて、何も見えませんね。 しかたなし、最短コースを下ります。 3時間かけて、舗装道路に出ました。 11時半、大石公園に戻りました。 御坂山地を振り返ります。 あいにくの天候でしたが、そのせいで誰もいない静かな山行を楽しめました。 また来るからなー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御坂黒岳(1792.7m)その2

つづら折れを辛抱強く登ります。 ん、この木肌の剥がれ具合は何だろう。 登山口から2時間、行く手が開けてきました。 大石峠に着きました。 眼前には雄大な富士山が...、見えませんね。 大石峠から、右に折れます。 動物がけずったのでしょうか。 今日一番見えた富士山です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御坂黒岳(1792.7m)その1

富士山のビューポイントとして有名な、御坂黒岳(1792.7m)に登りました。 2012/2/25の記録です。 地図はこちら。 大石公園に車を止めました。 朝方はみぞれ交じりの大雨でしたが、10時頃にやみました。 よし、登るか。 御坂山地に向かいます。 若彦トンネルへ向かう新しい道のようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女峰山(2483m)(その6)

さて、下山です。 避難小屋を経由し、馬立のほうに下ります。 途中、「女峰山の冷水」と呼ばれる水場を通ります。 申し分ない水量でした。 まだまだ標高は高いのに、巨大な砂防ダムが現れました。 下から雲がわき上がってます。 よくこんな所に作ったなあ。 荒沢出会までは登山客とよくすれちがいました。 そこから左に折…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女峰山(2483m)(その5)

翌朝は快晴! 山頂へ向け出発です。 新しい山崩れをトラバースします。 歩くたびに砂利がくずれて難儀しました。 急病だったのでしょうか。 ご冥福をお祈りします。 やった! 山頂です。 左から、男体山(2484.5m)、大真名子山(2375.4m)、小真名子山(2322.9m)。 大真名子山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女峰山(2483m)(その4)

逢拝石で休憩です。 雲竜渓谷にそそぐ七滝は、ここからしか見えないのではないでしょうか。 カメラでは小さく写ってますが、なかなかの迫力です。 滝壺に行ってみたいですが、冒険登山になりますね。 逢拝石からは急登です。 隈笹で道がよくわかりません。 竜巻山(2224m)頂上付近。 木々の間から、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女峰山(2483m)(その3)

隈笹(くまざさ)がしげる緩やかな山道を登ります。 「稚児の墓」でひと休み。 ときどき木々がなくなり、視野が広がります。 行く手は曇ってますが、気持ちいいです。 このコースは、どうやら私しかいないようです。 振り返ると、日光の町が見えました。 右の山地は鳴虫山(1103.5m)です。 森の中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女峰山(2483m)(その2)

目指す山の標識が出てきました。 日光らしいというか、良い感じの石段です。 行者堂です。 役小角を祀るお堂です。 健脚にご利益があるということで、車夫や飛脚の人たちに信仰があったそうです。 行者堂の裏から、登山道のはじまりです。 殺生禁断の碑がありました。 ここから先は、虫も殺してはいけません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女峰山(2483m)(その1)

秋分の日の連休で、日光の女峰山(2483m)に登りました。 地図はこちら。 この時期、日光は涼しさを通り過ぎて、少し寒いくらいでした。 静かな公園の駐車場で車中泊して、午前7時ごろ出発。 西参道をしばらく登ります。 東照宮のすぐ横です。 日中は観光客が多いのでしょうか。 この時間はさすがに空いています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八幡平(1613m)その3

地図を貼っていませんでした。 地図はこちら。 八幡沼。 トウゲブキ。 平たい山頂に到着しました。 実はこの八幡平は、「八幡平アスピーテライン」という車道から簡単にアクセスできます。 だから山頂は、登山客と観光客が混ざって大賑わいでした。 メスグロヒョウモン。(雌) あまり高低差がなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八幡平(1613m)

鳥海山で、ことのほか疲れました。 もう帰ろうか。 でもせっかく東北まで来たのだからね。 次の山、八幡平(はちまんたい 1613m)です。 茶臼岳登山口から入ります。 あれが茶臼岳(1578m)です。 茶臼岳山頂です。 誰もいませんね。 本コースと茶臼岳との分岐点にある山小屋、茶臼岳山荘です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山(2236m)その5

雲が晴れてきました。 うれしいー。 鳥海湖。 ニッコウキスゲの群落。 展望台まで下りてきました。 ここまで下ると、一般の観光客もちらほら見えます。 小学生の女の子たちがダッシュして登ってきました。 「すごいきれい、すごいきれい!」 うしろから登ってくる両親たちに向かって騒いでいます。 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山(2236m)その4

鳥海山といえば、楽しみなのは日本海の眺望です。 その日本海がちょっと見えた気がしました。 写真左上のハシゴ付近が「七五三掛(しめかけ)」分岐点です。 ハシゴの上あたりから左に折れると外輪山コースで山頂につながります。 晴れた日なら、行ってみたかったなあ。 あー、こんな崖がすぐ横にあったんだね。 昨日の登りでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山(2236m)その3

寒い夜でした。 余った毛布をかぶせます。 キャンセル客が多くて助かりました。 さて翌日。 期待した天候は、今日も変わらず濃霧です。 しかたなし、山頂まで登るか。 大物忌神社からすぐに岩場の直登です。 見下ろすと、ざっと雲が晴れました。 道はこんな感じ。 見落としそうなところが山頂でした。 視界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山(2236m)その2

前回、地図をリンクしてませんでした。 あらためて、 地図はこちら。 7合目付近の御浜小屋で大勢の登山客が停滞しています。 その先に出ると、暴風雨でした。 ほとんどの登山客が、小屋で様子を見ています。 (けっきょく、大半がここで引き返したようです) 私は先に進みました。 地面を削るような、すごい雨でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山(2236m)その1

月山の後、一路鳥海山へ向かいました。 ふもとの道の駅で車中泊して早朝に鉾立(1150m)に車を停めましたが、ものすごい濃霧のためこの日の登山は断念。 にかほ市で温泉に入ったりして、まったりと過ごしました。 さて、翌日。 鉾立に行ってみると、昨日と変わらない天候です。 2日足止めはきついので、登ってみることにします。 地図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月山(1984m)その4

9合目の仏生池小屋です。 やっと山頂が見えてきました。 山頂の月山神社本宮に到着しました。 なんと、ここから入山料(お祓い料)が五百円かかります。 頂上への執着はなかったので、入山しませんでした。 山頂付近で昼食をすませ、下山です。 急にガスってきました。 御田ガ原参篭所まで戻りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月山(1984m)その3

お花畑だ。 野生ですからね。すごくきれい。 ミヤマリンドウ(深山竜胆) XZ-1 つづく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more